作家・倉橋由美子氏の訃報

読む前にクリック! → にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ

Excite:<訃報>倉橋由美子さん69歳=作家

倉橋由美子さん、亡くなりました。ちょっとショック。

高校2年生くらいの時に、彼女の小説を初めて手に取りました。新潮文庫、幾何学的な装幀があまりに素敵だったから。私にとって一番の作品は「ヴァージニア」でしょうか。男子校の高校2年生の私には、とにかく鮮烈でした。

認識とは食べることである」といわれているが、対象が人間であある場合、「食べる」というよりも、さしあたり「まじわる」というほうがあたっている。つまりある人間を知ることは、自分を挿入すること、相手をわがものにすること、を意味していると考えてよい。
~「ヴァージニア」より~

少年のファロスは薔薇色のバナナだ。それはかれの存在の柄であり、把手だ。広い胸の平原、世界の秦まで伸びていく足、匂いのよい夏草、Lはそれを所有する
~「鷲になった少年」より~

倉橋由美子「ヴァージニア」今、思い出すと、思春期の私は彼女の小説に「萌え」ていたのだと思います。

『アマノン国往還記』『大人のための怪奇掌篇』『大人のための残酷童話』等、1980年代以降の作品は、なぜだかまったく読んでいません。

これを機会に読んでみようかな。

ヴァージニア(新潮文庫)
著者/倉橋由美子
発行/新潮社

コメント

  1. りなっち より:

    こんにちは。倉橋由美子さんの訃報、ちょっとショック。っていっても「ぼくを探しに」ぐらいしか記憶にない、めちゃライトな読者層のひとりなのですが。
    でも「ぼくを探しに」は、すんごい好きだった。翻訳だけど。
    「ヴァージニア」、興味もっちゃったので、さっそく探してみます。

  2. a-tekichi より:

    TBありがとうございました。
    倉橋由美子氏はお亡くなりになりましたが、彼女の数々の作品は、永遠
    に生きていくんでしょうなぁ・・・。
    寺山修司が、「墓は建てて欲しくない、私の墓は、私の言葉であれば、充分。」と書いていたことを思い出しました。
    ある意味、作家って言うのは、永遠の命を獲得しているので、幸せなのか
    もしれないなぁ・・・などと、思ってしまいました。
    もちろん、作家になれる人間は選ばれし者なんでしょうけれども・・・。