ヒマワリの折れた茎、割り箸とセロテープで治療

根元近くの茎が折れてしまったヒマワリ。ヒマワリの育て方をネット上で調べると、補強をすることで復活する記事がいくつも見つかりました。

ヒマワリの治療

根元で折れた茎は半分くらい千切れているものの、半分はつながっています。茎を立てると「傷口」を接着することができそう。

取り急ぎ、割り箸を立てて茎をセロハンテープで巻き、立ち上がることができるようにしました。傷口周辺は、小さなプラスチックスプーンでギブスのように補強。これで、しばらく様子をみることに。

ヒマワリ

元気に成長してくれるとよいのですが。


ブログランキングに参加しています。読んだらこちら(にほんブログ村へ)をクリックいただけないでしょうか。励みになります。