作家・城山三郎の死去に想う

読む前にクリック! → にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ

城山三郎氏が79歳で亡くなりました。彼の小説は大好きでした。読んだ後、いつも「男たる者」について考えさせられる小説でした。
 
最初の読んだのは『零からの栄光』、高校生の頃、国語の課題図書だった気がします。第二次大戦末期、アメリカのグラマン戦闘機に対抗できる新型戦闘機「紫電改」、この開発に関わったエンジニアと、戦後の水上飛行艇開発についてのドラマ。太平洋戦争の小説は、戦地や政治がテーマのものがほとんどの中で、 当時の「会社員」の視点で戦前・戦後を描かれいたのが新鮮でした。

あえて一冊を選ぶと、『落日燃ゆ 』でしょうか。元総理大臣、極東軍事裁判でA級戦犯として、唯一絞首刑に書せられた広田弘毅が主人公。文官として、戦争回避に努めながら、黙して戦争責任を取った姿は、公人の「責任の取り方」ということで、深く考えさせられます。

近現代の舞台が多い氏の作品の中で、異色が『秀吉と武吉―目を上げれば海 (新潮文庫)』。戦国時代、瀬戸内の村上水軍の首領、村上武吉が主人公。戦国時代の歴史小説の中で、水軍の合戦シーンはあまり見られませんが、村上水軍の織田軍への奇襲シーンが圧巻。秀吉の市場自由化政策と、瀬戸内の海上交通権益を守る武吉、現代日本にも通じるテーマです。

城山三郎の後ろにつながる作家って……いないなあ。

蛇足ですが、 城山三郎の小説って、「エスタブリッシュな財閥系会社の部長が、大手町への通勤時にブックカバーのついた文庫本を読んでいる」ってイメージがあります。


城山三郎『落日燃ゆ』落日燃ゆ (新潮文庫)
著者/城山三郎
発行/新潮社

東京裁判で絞首刑を宣告された七人のA級戦犯のうち、ただ一人の文官であった元総理、外相広田弘毅。戦争防止に努めながら、その努力に水をさし続けた軍人たちと共に処刑されるという運命に直面させられた広田。そしてそれを従容として受け入れ一切の弁解をしなかった広田の生涯を、激動の昭和史と重ねながら抑制した筆致で克明にたどる。毎日出版文化賞・吉川英治文学賞受賞。(Amazonより)

スポンサーリンク