書評・感想文

庄野潤三 小説『プールサイド小景』
短編10作を読んで後、受賞作へ 庄野潤三氏の短編小説『プールサイド小景』は1954年下半期、第32回芥川賞受賞作。 庄野潤三氏の小説を読むきっかけは、村上春樹の『若い読者のための短編小説案内』で、短編『静物』を知ったこと。『静物』のほか、『 ...

書評・感想文

山下澄人 小説『しんせかい』
芥川賞を受賞した小説を読み始めて、ちょうど50作目。2020年4月に文庫本が電子書籍化されたので、山下澄人氏の『しんせかい』を買った。第156回、2016年下半期の受賞作だ。 以下、あらすじ。 高倉健やブルース・リーに憧れる、役者志望の主人 ...

書評・感想文

吉村萬壱『ハリガネムシ』

数年前に、電子書籍リーダーを購入後、芥川賞受賞作をずいぶんと読んだ。芥川賞受賞作には、いくつか性格のカテゴリーがあるように思う。「ヒトの暴力性と獣性」を描いた作品群はは一つの傾向だろうか。 吉村萬壱の『ハリガネムシ』は「ヒトの暴力性と獣性」 ...

書評・感想文

高樹のぶ子『光抱く友よ』
著者が芥川賞を受賞した1980年代半ば、“陰のある美しい中年女性”という雰囲気のポートレートに惹かれ、ずっと気になる作家ではあった。数年前、映画化された『透光の樹』は観たが、小説を読むのは初めてだ。現在68歳とは! まぁ、当時10代の私が5 ...

書評・感想文

青山 七恵著『ひとり日和』

昨年から、小説は過去の芥川賞受賞作ばかり読んでいる。手当たり次第読むにも、なんらかの選択基準があった方が買いやすい。特に電子書籍の場合は。というわけで、深く考えることなく2006年下半期の第136回芥川賞受賞作、青山七恵『ひとり日和』をダウ ...

書評・感想文

町田康『きれぎれ』

きれぎれ(文春文庫) 著者/町田康 発行/文藝春秋 第123回(2000年度上半期)芥川賞受賞作。大阪生まれ、パンク歌手・詩人・俳優でもある町田康によるハチャメチャ小説。 小金持ちのぐうたら息子で絵描きの主人公の趣味はランパブ通い。浪費家で ...