吉村萬壱『ハリガネムシ』

書評・感想文

数年前に、電子書籍リーダーを購入後、芥川賞受賞作をずいぶんと読んだ。芥川賞受賞作には、いく ...

レイ・ブラッドベリ『火星年代記』

書評・感想文

レイ・ブラッドベリの『火星年代記』をようやく読んだ。買ってから一年以上、本棚に入れて放置し ...

サリンジャー著、村上春樹訳『フラニーとズーイ』

書評・感想文

村上春樹の小説、エッセイはほとんどを読んでいるけれど、今まで翻訳は読んだことがなかった。J ...

村上春樹夢を見るために毎朝僕は目覚めるのです 村上春樹インタビュー集1997-2011

書評・感想文

タイトルが長い。『夢を見るために毎朝僕は目覚めるのです 村上春樹インタビュー集1997-2 ...

内村鑑三『代表的日本人』

書評・感想文

1894年、今から約120年前に発行。岡倉天心『茶の本』と新渡戸稲造『武士道』、この『代表 ...

吉本ばなな著『スウィート・ヒアアフター』

書評・感想文

吉本ばななの小説は、昨年秋に読んだ『ハードボイルド/ハードラック』以来。本書は 2011年 ...