2021年は「モネのひまわり」の種を蒔き、5日後に発芽

モネのヒマワリ 発芽

昨年に続き、今年もヒマワリの種を蒔きました。

昨年はロシア種の大型のヒマワリを30本育てたところ、あまりに巨大に成長してしまい、シーズン後の廃棄処分が大変なことに。今年は昨年の反省を活かし、8本程度にしようと考えています。

ホームセンターの種苗売り場には、いろんな種類のヒマワリの種が並んでいます。その中で「画家シリーズ」(サカタのタネ社)というパッケージに目が留まりました。モネのヒマワリ、ゴッホのヒマワリ。絵画に描かれたヒマワリの品種らしい。

試しにモネのヒマワリを選びました。

モネのヒマワリ

開花まで約2か月半。5月1日に植えたので、7月中旬にはモネのヒマワリが見られそう。

種まきから発芽まで5日ほど。本当に早い! 今年は先にホウセンカとマリーゴールドの種を蒔きましたが、発芽まで10日ほどかかりました。

モネのヒマワリ 発芽

1か所に3粒ずつ蒔き、2つを間引く予定。

モネのヒマワリ、どんな花が咲くことやら。楽しみです。


ブログランキングに参加しています。読んだらこちら(にほんブログ村へ)をクリックいただけないでしょうか。励みになります。