満開のパンジーの「花がら摘み」を

2020年5月18日

パンジー

年が明けて、今シーズンもパンジーが満開に。冬枯れの庭を華やかに彩ってくれている。

たくさんの花が咲き誇るものの、先に咲いてしおれた花がじゃまになって、後から咲こうとする花が開く余地がない状態になっていた。 寒い冬場はあまり影響がないが、春になって、天気のよい日は蒸れやすくなり、病気が発生する恐れがある。

そこで、しわしわにしおれた花をカットする「花がら摘み」をまとめてやった。

パンジーの花がら摘み

花の部分だけを摘むと、残った茎がスケルトンのように目立つ。花がついていた茎を一つひとつ、根元近くでハサミで切り取っていく。

花がらを摘むと、容姿・見た目がよくなることもあるが、株の寿命を長くするメリットもあるらしい。パンジーは、咲き終わった花をそのままにすると、種を作ることに「体力」を使い始める。結果、苗の寿命を早めることにつながるという。

大きく成長してきたので、あと2週間ほどで、今シーズン最初の「切り戻し」を行った方がよいかもしれない。

パンジー

ブログランキングに参加しています。読んだらこちら(にほんブログ村へ)をクリックいただけないでしょうか。励みになります。