感想/平中悠一『ギンガム・チェック』

読む前にクリック! → にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ

平中悠一『ギンガム・チェック』ギンガム・チェック
著者/平中悠一  発行/角川書店

今日、私のセクションの女性スタッフが、ギンガムチェックのワンピースを着ていました。「僕のブログをもしや読んだのだろうか」と錯覚&誤解させてしまうのは、ギンガムチェックの魔力‥‥。

ところで、ギンガムチェック好きの男性は、極めてコンサバティブな価値観を持っていると思います。ギンガムチェックに心揺れる男性の価値観について、詳しく述べたエッセイ集が平中悠一著『ギンガム・チェック』。発行は1990年。エッセイの端々に、1980年代のペパーミントカラーのキャンパスライフ(!)が垣間みられ、懐かしい思い出にひたることができます。

この中で、平中氏は「コンサバティヴな僕の意見」「僕の女のコの趣味は保守的か?」など、男性ギンガムチェック党員の本音をストレートにあますことなく伝えています。なかでも、下記のフレーズが秀逸。

ティーンの頃のGFとさよならした時に、彼女は僕にこう云った。
「ねえ、君はあたしの男になりたいんじゃなしに、あたしの父親になりたかったのよ」
さあね、と僕は肩をすくねる。
僕はただ、君の息子になりたくなかっただけさ。

ギンガムチェック好きの男性は、女性にリクエストが多いため、うっとおしがられるのかも。

ちなみに、エッセイ集のラストのタイトルは「いつも心にギンガム・チェック」。仲世朝子さんのイラストもステキです。

スポンサーリンク

コメント

  1. より:

    はじめまして。ギンガムチェック、何年か前に流行りましたよね。流行る前から来てたロンティーがあったのですが、あまりの流行りっぷりにはずかしくなってきなくなってまいました・・・なつかしいです。

  2. Asanao より:

    >や様

    こんにちは。はじめまして。確かに、今、ギンガムチェックを着ていると、ちょっと古風な男性に見えたりします。私は、今でもちょくちょく買ってしまいます。