書評・感想文

村上龍『限りなく透明に近いブルー』

新装版 限りなく透明に近いブルー(講談社文庫) 著者/村上龍 発行/講談社 言わずと知れた村上龍のデビュー作。1976年5月、「群像」6月号で群像新人賞を受賞。その後、芥川賞受賞。この作品が世に出てちょうど30年になるのですね。 高校生のと ...