Evernoteの日記数が2,200超え。年代でまとめて使い勝手よく

2015年の元日から、毎日Evernoteで日記をつけ始めて6年が経過。ノート数が2,200を超えました。

「日記」という1つのノートブックに、2,200日分のノートをぶち込んでいたのですが、さすがに過去のノートをスクロールで見つけることが難しくなりました。特にスマホアプリで見た時に、使い勝手が悪いです。

Evernote日記の分割 手順1

そこで、2019年以前のノートを切り出して「日記-過去」という新しいノートブックに収め、2020年以後のノートのみ現役の「日記」ノートブックで更新していくことにしました。

つまりゼロ年代と20年代の日記を分割したわけです。

私がやった手順を説明します。

既存のノートブック名を変更

Evernote日記の分割 手順2

まず、現在のノートブック「日記」のノートブック名を、古いノートブックを収める「日記-過去」に修正。

新しいノートブックを作成

Evernote日記の分割 手順3

これから使用する新しいノートブック「日記」を作成。

旧ノートブックから過去1年分の日記を新ノートブックに移動

Evernote日記の分割 手順4

古いノートブック、つまり「日記-過去」から過去1年分(ここでは2019年分)をスクロール選択して、新しいノートブック「日記」に移動。

日記のノートブック分割が完了

Evernote日記の分割 手順5

ゼロ年代の日記はノートブック「日記-過去」に、20年代の日記はノートブック「日記」に分割が完了。


ノートブックのカテゴリをたくさん作らないことを心がけてきましたが、体感値で500を超えるとスクロールでノートを見つけにくくなります(もちろん検索機能を使えばよいのですが)。

当面、現役ノートブック「日記」は過去2年分くらいのノートだけにして、それ以前のノートはすべてノートブック「日記-過去」に移動させようと考えています。


ブログランキングに参加しています。読んだらこちら(にほんブログ村へ)をクリックいただけないでしょうか。励みになります。