休ませていた花壇にペチュニアを植える

2016年3月28日

ガーデニングショップ
昨年冬にハクサイを収穫して以来、しばらく休ませていた花壇に何か植えようとガーデニングショップに出かけました。

マーガレット、金魚草あたりが気に入りましたが、あまり手がかからずに育てられる品種ということで、結局、ペチュニアに。薄いピンク色の苗を17株購入。

ペチュニアの苗
早速、花壇の下準備に。

実は昨年6月、シソと枝豆を通販で買った際、イタリアンパセリがおまけて付いてきたのですが、とても強い生命力でついに越冬したのです。


ただ、花壇のど真ん中に鎮座しているので、花壇の端の方に大きな穴を掘って、引っ越しさせることに。強い植物なので、移動しても大丈夫だとは思うのですが。

イタリアンパセリの引っ越し
次に有機肥料をまぶしながら、ショベルで十分に花壇を耕しました。地力は落ちていないとは思うのですが、念のため。

有機肥料と耕運
そして40センチ間隔でペチュニアの苗を植えていきました。終えてから気がついたのですが、苗の根っこを水で解いて、少し柔らかくした方がよかったかな、と。

ペチュニアの植え付け
あまり水気を好まない花のようなので、一日一度軽くジョウロでみずを撒く程度にします。成長が楽しみ。