クサガメを拾って1か月、家の中で飼育してみた

読む前にクリック! → にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ

クサガメ
今年の梅雨は長くて、しょっちゅう近くの川が増水していました。そのためか、普段、陸では見られない水生動物が上がってきたようです。

ひと月ほど前、近所の農道を直径長さ25センチ、横幅20センチほどのクサガメが歩いており、子どもが連れて帰ってきました。

最近、ワニガメカミツキガメといった危険な外来種がいるので、ネットで念入りに調べてみましたが、顔つきや甲羅等を調べると、メスのクサガメでした。

川に帰すのもありだったのですが、すっかり子どもたちは巨大なカメの出現に盛り上がってしまい、水槽を用意して毎日マメに水を入れ換え、昼間は庭で、夜はリビングで放し飼いにしたりしています。

カメは哺乳類と違って鳴いたり吠えたりせず、排泄物も臭くないし、散歩に連れて行く必要もありません。家族の数が多いうちのような家庭には、向いているペットだなと思ってます。

いまのところ屋内飼育なのですが、クサガメは日光浴が大切で、毎日ちゃんとに外を歩かせるか、さもなくば紫外線ライトが必要と、カメの飼育法の書かれていました。昼間、こまめに庭に出さないと。

芝生の上を歩くカメを見るのは、イヌやネコとは違った趣があります。