もう一つの「お岩稲荷」、於岩稲荷田宮神社へ

2020年5月16日

台風明けで、気持ちがいい空気なので、お昼休み、八丁堀から運河を渡って新川方面へ。

裏通りを歩いていると、小さな神社を発見。於岩稲荷田宮神社……これ、お岩さんの神社? あれ、四谷怪談で知られる神社って、こんなところにあったっけ?

於岩稲荷田宮神社

会社に帰って、ウェブ検索してみると、なんとお岩稲荷は都内に二つあるそうです。

中央区郷土史同好会のホームページには、こんな説明がありました。

「東海道四谷怪談」を手掛けては天下一品といわれた市川左団次から、「四谷まで毎度出かけていくのでは遠すぎる。是非とも新富座などの芝居小屋のそばに移転してほしい」という要望もあり、明治十二年(1879)の四谷左門町の火事で社殿が焼失したのを機会に、隅田川の畔にあった田宮家の屋敷内に移転した。それが現在の中央区新川にある於岩稲荷神社で、四谷の於岩稲荷とまったく同体の神社だ。その新川の社殿は昭和二十年(1945)の戦災で焼失したが、戦後、四谷の於岩稲荷ともども復活して、現在は二つの於岩稲荷がある。

新川のお岩稲荷、昼間なのに何だか暗いのですよ。今日は、時間がないので中をのぞけなかったけど、境内は誰もいなくて、一人で訪問するにはちょっと二の足踏みます。


ブログランキングに参加しています。読んだらこちら(にほんブログ村へ)をクリックいただけないでしょうか。励みになります。