雑記

田中康夫『なんとなくクリスタル』

田中康夫の小説『なんとなく、クリスタル』を初めて読んだのは、高校生の頃。冒頭、主人公がFENで目を覚ますシーンがあり、FENが聴けるというだけで、私は東京への憧れが募ったものです。 FEN(Far East Network=極東放送網)は、 ...