Trelloで年末の大掃除をプロジェクト管理してみる

読む前にクリック! → にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ

年末、家の大掃除はとても疲れる。

昨年の年末年始は9連休取得できたので、うち1日、2日が大掃除でつぶれても気にならなかった。ところが、今年は12月29日から1月3日の6日間。うち4日間は帰省の予定。1日で家をきれいにするのは不可能だ。気が重い。

大掃除のストレスの根っこについて考えてみた。一つには、大掃除のゴールイメージがないことが原因では?

これまで、とにかく朝から掃除を始めていた。「どこを・何時までに・どの程度」を考えることなく、水回りの掃除から始めてしまう。台所を終えると、午後になっていまい、次にリビングの窓拭きに取り掛かった頃には日が傾き始める。

17時ごろには暗くなるので、中途半端な状態のまま、時間切れで大掃除終えてしまう。そうして年が明けると、未掃除のままの部屋が残るのだ。これが例年の私のパターンだった。

これはシステム開発でいうと、完成形を定義しないまま、いきなりソースコードを書き始めるようなもの。素人仕事だ。

大掃除も要件の定義が大切だと思った。つまり、始める前に要件を洗い出す。

  • キッチンの水回り
  • トイレのシンク
  • 1階の窓拭き
  • 2階の窓拭き
  • リビングの床拭き
  • 書斎の床拭き 等々
  • このように要件を洗いだすと、一戸建ての大掃除を1人1日でやりきることが、到底不可能であることが分かる。

    その上で、妻、子供と作業を分担。あるいは家事代行に外注。

    普段仕事でやっていることを、そのまま大掃除でもやればいいこと。

    ところで、最近、仕事で「Trello」というプロジェクト管理ツールを使っている。シンプルな機能が気に入っている。本格的なシステム開発のプロジェクト管理は「Backlog」が向いているが、個人の仕事は、カンバン方式でさくっと管理ができる「Trello」のユーザーインターフェイスが気に入っている。

    今年の年末の大掃除の進行管理は、この「Trello」を使ってみようと思った。これが、なかなか便利。

    Trello プロジェクト管理ツール
    タスクを小分けにして、未対応、処理中、処理済みとリスト化。休日に大掃除をするのではなく、平日夜、1時間で一つの「小さな掃除」を進めるイメージ。

    今年は年末年始の休暇までに、掃除を終わらせたい。

    読んだらクリック! → にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
    スポンサーリンク