電子書籍での読書が100冊を突破

読む前にクリック! → にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ

kobo glo
3年前から、小説、ビジネス書はたいてい電子書籍リーダー「kobo glo」で読んでいる。昨日、ホーム画面の右上を見ると「100冊読了」と表示されていた。

3年弱で100冊、1年で33冊読んだことになる。読みたい本の10冊に7冊程度しか電子化されていないので、紙も含めると、読書量は年間40冊くらいだろうか。

電子書籍の利点は、やはり保管スペースを取らないところだ。紙の本100冊なら、本棚の結構なスペースを占拠してしまう。「シンプルライフ」を目指しているので、なるべく家の中のモノは少なくしたい。いま、本棚を占拠している新書、文庫本も、お金に余裕があるなら電子書籍に買い換えてしまいたいくらい。

ただ、読んだ本の背表紙をざーっと眺められない寂しさはある。電子書籍ストアの本棚(購買履歴)は、100冊程度でも、私には今ひとつ一覧性にかける。ささっと本棚から複数の本を取り出して、読み終えた本の中身を確認するのも不便(そのような機会はめったにないけど)。

それでも、省スペースには変え難い。小説・ビジネス書は楽天kobo、音楽はiTunes、もうアナログには戻れそうにない。