岩手旅行- 遠野のカッパ淵、夜中と昼間に2度訪れてみた

読む前にクリック! → にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ

遠野といえば河童である。「カリンちゃんとくるりんちゃん」という遠野のキャラクターにもなっている。『遠野物語』でも河童は幾度も登場する。

柳田国男『遠野物語』より「河童」全文(探検コム)

日本人にとって、ツチノコと同じく架空の生き物とは分かっていながら、存在を信じたい思いに駆られる生き物じゃないだろうか。

カッパが多く住むといわれるカッパ淵に、昼と夜、二度訪れた。遠野随一の観光スポットだ。

カッパ淵へは常堅寺の境内を通ってアクセスする。遠野伝承園近くの駐車場に車を駐めて、田んぼ道を歩いて10分ほどで常堅寺に到着。曹洞宗の禅寺で、1490年(延徳2年)に開山した古刹。左右に仁王像を配した立派な山門だ。

常堅寺(遠野)
境内に入ると、珍しいカッパの狛犬がいる。こんな伝説が添えられていた。「馬を川に引きこむいたずらに失敗したカッパは、おわびをして許され、母と子の守り神になりました。常堅寺の火事のさいは頭の皿から水を吹き出して消しとめ、いまでも一対のカッパ狛犬として境内にその姿をとどめています。」

常堅寺・カッパ狛犬(遠野)
常堅寺境内を抜けるとカッパ淵に到着。

うーむ、何のことはない、木々に囲まれた川の淵だった。カッパの神を祀った小さな祠にはキュウリが備えられてはいるが。

カッパ淵(遠野)
誰もいなければ、それなりに風情はあるのだろうが、遠野随一の観光スポット、観光客が闊歩してにぎやか。先っぽにキュウリを結わえたカッパ捕獲用の竿まで常備してある。これでは、たとえカッパが実在したとしても、ビクビクして出てこられないだろう。

カッパとキュウリ

実は、前日の夜9時すぎにカッパ淵を訪れた。どうしても、夜の遠野の空気を吸ってみたかったから。夜間は常堅寺が閉門しており、境内を通り抜けることができない。なので、田んぼのあぜ道を遠回りして、常堅寺の墓地の脇を抜けてアクセスしなければならない。これが大変だった。

周囲に街灯はない。真っ暗闇。懐中電灯を持ってこなかったので、幸い登山用に小さな懐中電灯を持参していた。あぜ道を照らしながら迷わぬように進んだ。下が夜の田んぼ道。

夜のカッパ淵(遠野)
カッパ淵に到着して懐中電灯の光を消す。しばらくすると徐々に目が暗闇に慣れてくる。すると、川のせせらぎが耳に入る。目ではなく耳で、夜の風景を感じるような。どこかでカッパが、こちらの気配をうかがっているような。10数分滞在した気もするし、3分ほどしか経っていない気もするし、不思議な時間を過ごした。苦労して出かけただけのことはあった。

ところで、カッパ淵のすぐそばには、古いお稲荷様のお堂がある。

カッパ淵の稲荷堂
二つの鳥居が並んでおり、手前が傾いたままになっている。だが、この傾きが不思議なバランスを感じ、しばらく見とれてしまった。お稲荷様というと、鮮やかな朱色に塗られた鳥居が持ち味。ここの土着的な趣に強く惹きつけられた。遠野の思い出に残る光景だった。「卯子酉様」と共に大好きな場所となった。


【2015年 夏の岩手旅行の記録】
事前に準備した旅行グッズたち (2015/8/23)
東北本線を北へ各駅停車で一関まで (2015/8/23)
厳美渓は昭和の観光地だった (2015/8/24)
達谷窟でバイオレンスな縁起を考える (2015/8/24)
平泉、世界遺産の町にがっかり (2015/8/24)
胆沢城、蝦夷の長・アテルイ投降の地 (2015/8/25)
高野長英、後藤新平ゆかりの水沢散歩 (2015/8/25)
花巻郊外、宮沢賢治の観光テーマパークへ (2015/8/25)
大沢温泉 自炊部で一夜を過ごす (2015/8/26)
花巻市街の宮沢賢治の足跡を歩く (2015/8/26)
花巻、宮沢賢治の「イギリス海岸」を散歩 (2015/8/26)
雨の遠野、夏なのに沈鬱な町へ (2015/8/26)
遠野の「千葉家・南部曲り家」、10年間の修理前に訪問 (2015/8/27)
遠野の続石、重力がズレたような不思議な光景 (2015/8/27)
遠野の五百羅漢、幽玄なる林の中へ (2015/8/27)
遠野の程洞稲荷神社で初めてコンセイサマを見る (2015/8/27)
「卯子酉様」遠野で一番好きになった場所 (2015/8/27)
遠野物語で幾度も登場する笛吹峠へ (2015/8/27)
絵になる遠野の風景をInstagramで (2015/8/28)
遠野の最果て、早池峰神社を訪れる (2015/8/28)
「超地方」で見た郵便・物流の実際 (2015/8/28)
遠野伝承園、オシラサマ千体に目を見張る (2015/8/28)
遠野のカッパ淵、夜中と昼間に2度訪れてみた (2015/8/28)
遠野の貞任高原、残念無念の水芭蕉群落 (2015/8/28)
遠野・デンデラ野で考えた「地方」の今昔 (2015/8/28)
多賀城跡、奈良時代・大和朝廷の北方拠点へ (2015/8/29)
東北歴史博物館で、東北から日本列島を眺める (2015/8/29)
3度目の東北旅行から1年を経て (2016/10/19)

スポンサーリンク