岩手旅行- 東北本線を北へ各駅停車で一関まで

読む前にクリック! → にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ

ヨーグルトと大宮駅
今年の夏も9連休を取得。連休初日は家事と旅行準備に追われ、二日目の朝早くに川越の自宅を出発した。この日の目的地は、岩手県南部の一ノ関。

7時50分すぎの大宮行きに乗ると、大宮からは宇都宮線快速ラビット、福島からは快速アクティに接続。8時間半で一ノ関に着ける。しかし、川越線に乗り遅れてしまった。20分後の大宮行きにしか乗れなかったばかりに、一ノ関まで9時間20分かかることになった。

仕方ない。急ぐ旅ではないし。コンビニで朝食代わりにブルガリアヨーグルトを購入。次の列車までの待ち時間、ベンチでヨーグルトを食べて、軽く胃腸のウォーミングアップをした。

というわけで、大宮駅8時59分発の各駅停車で宇都宮に向かった。

宇都宮線宇都宮駅
9時16分に宇都宮駅到着。上野東京ラインが開通したので、駅の電光行き先案内には「熱海」の文字が。栃木県の宇都宮から静岡県の熱海まで走るとは! 妙に感心した。もちろん運転手は途中で交替するのだろうけど。

宇都宮駅 黒磯行き

宇都宮駅で黒磯行きに乗り換え。乗り換え時間は10分あまり。車内は空いていて余裕で座れたが、ガンガンに冷房が効いており、結構寒い。長袖シャツをリュックから取り出すほどではないが。

黒磯駅 東北本線

黒磯駅には11時17分に到着。私の中では、ここが関東地方の北端。すぐ北の白河駅は福島県で、そこからが東北地方。11時33分発の郡山行きに乗って、まもなく関東地方を脱出した。

車内に旅行客がちらほらいるが、見たところ地元の乗客中心。旅行客はやはり東北新幹線を使うのだろう。

福島駅

郡山で再び電車を乗り換えて、13時28分に福島駅到着。福島駅発仙台行きは14時11分発。約45分の乗り換え時間あり。駅から出て昼食を取ることに。

とはいっても、駅なかの移動を考えるとあまり時間はない。駅ビルのドトールコーヒーでハムサンドセットをちゃちゃっと食べることにした。

福島から仙台へは約90分。各駅停車の東北の旅も今回三度目なので、ずいぶんと距離が短く感じる。一昨年は仙台がずいぶんと遠くに感じたものだが。

仙台駅 小牛田行き

15時36分仙台着。すぐに小牛田(こごた)行きに乗り換える。仙台から北へは小牛田までは比較的列車の本数は多いが、小牛田以北はぐっと少なくなる。

品井沼駅
日本三景で知られる松島駅を過ぎると、稲が実った田んぼが広がり、駅も「国鉄」時代をほうふつさせるひなびた風情に。福島からずっと同じ車両だった学生くんたちはお昼寝モード。ようやく旅気分に満たされてきた。

小牛田駅
小牛田で約30分待ち。駅から出て、駅前をぶらついた。実は一昨年の旅行でも乗り継ぎ待ちのため、この駅で降りた。本当に何もないローカルタウン。一昨年「二度とこの町を歩くことなんてないだろう」なんて思っていたが、まさが再訪することになろうとは。

駅前に趣のある旅館がある。これも何かの縁。次に訪れる時は宿泊したいものだ。

小牛田駅
16時50分、この日の最後の列車、小牛田発一ノ関行きの各駅停車に乗った。

一昨年、一日で青森県の野辺地まで北上したことを思うと、一ノ関はずいぶんと近くに感じる。実際、岩手県の南北がとてつもなく長いのだ。それに、日が暮れて外の風景が見られなくなると、鉄道の旅は途端に単調になる。岩手県に入った一ノ関から青森県の八戸までは、とても退屈したような。

一ノ関駅
定刻の17時36分、日が暮れないうちに一ノ関に到着。

乗り換え7回、乗車時間は9時間半だった。

【2015年 夏の岩手旅行の記録】
事前に準備した旅行グッズたち (2015/8/23)
東北本線を北へ各駅停車で一関まで (2015/8/23)
厳美渓は昭和の観光地だった (2015/8/24)
達谷窟でバイオレンスな縁起を考える (2015/8/24)
平泉、世界遺産の町にがっかり (2015/8/24)
胆沢城、蝦夷の長・アテルイ投降の地 (2015/8/25)
高野長英、後藤新平ゆかりの水沢散歩 (2015/8/25)
花巻郊外、宮沢賢治の観光テーマパークへ (2015/8/25)
大沢温泉 自炊部で一夜を過ごす (2015/8/26)
花巻市街の宮沢賢治の足跡を歩く (2015/8/26)
花巻、宮沢賢治の「イギリス海岸」を散歩 (2015/8/26)
雨の遠野、夏なのに沈鬱な町へ (2015/8/26)
遠野の「千葉家・南部曲り家」、10年間の修理前に訪問 (2015/8/27)
遠野の続石、重力がズレたような不思議な光景 (2015/8/27)
遠野の五百羅漢、幽玄なる林の中へ (2015/8/27)
遠野の程洞稲荷神社で初めてコンセイサマを見る (2015/8/27)
「卯子酉様」遠野で一番好きになった場所 (2015/8/27)
遠野物語で幾度も登場する笛吹峠へ (2015/8/27)
絵になる遠野の風景をInstagramで (2015/8/28)
遠野の最果て、早池峰神社を訪れる (2015/8/28)
「超地方」で見た郵便・物流の実際 (2015/8/28)
遠野伝承園、オシラサマ千体に目を見張る (2015/8/28)
遠野のカッパ淵、夜中と昼間に2度訪れてみた (2015/8/28)
遠野の貞任高原、残念無念の水芭蕉群落 (2015/8/28)
遠野・デンデラ野で考えた「地方」の今昔 (2015/8/28)
多賀城跡、奈良時代・大和朝廷の北方拠点へ (2015/8/29)
東北歴史博物館で、東北から日本列島を眺める (2015/8/29)
3度目の東北旅行から1年を経て (2016/10/19)