1日は24時間ではなかった‥‥って!

読む前にクリック! → にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ

1日は24時間ではなかった?(Excite Bit)

目からうろこ。

東から昇ったお日さまは真南を通って西に沈む。真南で一番高く輝くことを「南中」というが、南中から翌日の南中までを1日として、理科年表でその時間を調べてみよう。すると、季節によって24時間より30秒ほど長かったり、20秒ほど短かったりすることが分かる。2月中頃までは24時間より長いので、地球の時計は人間界の時計よりどんどん遅れて、2月中旬には累計で14分も遅れてしまう。人間界で最近はやりの電波時計なら1日に1秒たりとも狂わないのに、実は地球って結構フラフラしている。

仕事では毎週月曜0時、広告配信開始!とか普段やっていますが、ちょっと「オンタイム」って常識について、考えさせられました。


時間は実在するか (講談社現代新書) 時間は実在するか(講談社現代新書)
著者/入不二基義
発行/講談社

「飛ぶ矢」は止まっている!?
マクタガートの「非実在性」の証明とは!?
過去・現在・未来の「罠」

飛ぶ矢のパラドックスに始まり、マクタガートの非実在性の証明を検証し、新しい形而上学を構想する。(Amazonより)

読んだらクリック! → にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
スポンサーリンク