運動部にシゴキは必要悪なの? – 時津風部屋事件

読む前にクリック! → にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ

<力士急死>遺体はこちらで火葬 時津風部屋が遺族に電話
 愛知県犬山市で今年6月、大相撲時津風部屋の序ノ口力士、時太山(ときたいざん)=本名・斉藤俊(たかし)さん(当時17歳)がけいこ中に急死した問題で、斉藤さんが死亡した同26日当日、時津風部屋から新潟市に住む遺族に「(遺体は)こちらで 取り仕切りますから」と現地での火葬を示唆する電話があったことが、わかった。遺族は「暴行の跡を隠そうとしたのではないか」と批判している。
 遺族によると、同日午後4時ごろ、部屋側から斉藤さんの実家に電話があり、火葬の準備を進めている旨が伝えられたという。疑問を抱いた遺族側が「それは困る。こちらから迎えに行く」などと抗議すると、部屋側は 実家への搬送を手配したという。
 斉藤さんの遺体を見た遺族は、額に残った切り傷や激しい打撲の跡、たばこを押しつけられたようなやけどなどを見てショックを受け、翌27日、弔問に訪れた時津風親方に説明を求めたが、親方は「通常のけいこでできたもの」と釈明し、火葬の準備についても「隠すために やったわけではない」と繰り返した。
 死因は当初、「虚血性心疾患」とされたが、納得できない遺族は、遺体を解剖して真相を究明するよう、愛知県警などに要請。新潟大での行政解剖で「多発外傷によるショック死が 考えられる」と判断された。

「スポーツ」と「運動部」という言葉の間には、かなり違うニュアンスがあります。

私は、運動部に所属していなかったのでリアリティーがないのですが、「運動部」カルチャーには、シゴキとイジメは不可避なものなのでしょうか。時津風部屋という相撲の名で死に至る事件がクローズアップされていますが、日本の「運動部」には、大なり、小なり、シゴキとイジメのカルチャーを感じています。学生時代は、そういうのを幾度となく目撃してきました。

ビジネスにしても、スポーツにしても、結果を出すためにシゴキが有効なら、私も考えるでしょうが、そのようなものでヒトは能動的に動いたりしないですね。常識的に誰しもわかっているのに、では、どうしてシゴキが必要とされるのか。集団心理、特有なのでしょうか。

今回の事件、連合赤軍事件の本質に近いものを感じます。


悪者扱い悪者扱い 十五代目時津風
著者/山本順一(十五代目時津風)
発行/竹書房

弟子暴行死事件で協会に裏切られた私(第十五代時津風親方)が、八百長、暴行死事件、相撲協会…マスコミが無視した真実を告白する。(Amazonより)

スポンサーリンク

コメント

  1. 通りすがりました より:

    私も運動部には所属していなかったのですが、そもそも、相撲部屋に「金属バット」が置いてある時点でアウトかと思われ…。
    私が「運動バ○」を身をもって感じたのは、某私大(文系)に通っていた頃です。大学は学部や学科に関わらず「体育」の講義があると思うのですが。卒業後にスポ−ツの分野で仕事をするわけでもなく、単に一般教養の一つでしかない体育の講義です。その講義で、体育館を講師が「よし」というまで延々走らされたことがあります。マジで死ぬかと思いました。おまけに、その講師が一瞬だけ一緒に走って「俺に抜かされた奴はもう1週」とか言ってるんです。部活ならありだと思いますが、ろくにスポーツもしてきてない文系の学生に対してすることではないような気がしました。心底「コイツ、バ○じゃねぇの?」って思いましたよ。
    その講師は柔道家で、現役の頃に、とある試合で「山○」という柔道家を「カニばさみ」で骨折させたバ○です。