庄内旅行- 武家門をくぐり「鶴岡カトリック教会」へ

読む前にクリック! → にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ

鶴岡カトリック教会
鶴岡公園内にある荘内神社。その鳥居からまっすぐと伸びる参道を歩いて行くと、クラシックな教会の塔が見えた。鶴岡カトリック教会の天主堂だ。

教会に到着すると、入口は何だか古風な武家屋敷に見える。ここはもともと庄内藩家老の末松家の屋敷があった場所。門のみ、江戸時代の面影を残している。いかめしい武家門と白亜の天主堂、そのコントラストが面白い。

鶴岡カトリック教会
門をくぐると幼稚園があり、平日ならにぎやかな子供たちの声が聞こえてきそう。だが、土曜の夕方で敷地内は私一人で閑散としていた。

早速、国指定重要文化財である高さ23.7メートルの天主堂の中へ。入口の受付も誰もおらず、パンフレットをもらって堂内に足を踏み入れた。

カトリックの教会見学は、建築物として純粋に楽しめる反面、どこか心の中で「異教徒が信者の大切な場所に入ってよいものか」という後ろめたさを感じる(私は仏教徒)。神社仏閣と違って、長居するのは申し訳ない気分になるのは私だけだろうか。

ともかく、日本の仏教寺院の本堂の多くが横に広い空間であるのに対して、カトリック教会は高い天井を持つ縦に広い空間である場合が多い。見上げると、天井の美しい曲面に目を見張った(リブ・ヴォールト天井というらしい)。正面の窓から差し込む日の光が祭壇を後光のように照らし、荘厳な空気を醸し出していた。

堂内には、日本で唯一の「黒いマリア像」が安置されていた。世界的にも珍しいものらしいが、残念ながら黒い仏像に慣れた私には今ひとつ珍しさが分からなかった。午前中に見た即身仏のインパクトが大きかったことも影響していると思う。

鶴岡カトリック教会のオルガン
振り向くと、入口の上にパイプオルガンがあった。オルガニストが二階に上っていく螺旋階段もある。ぜひ響きを聴いてみたい。日曜のミサに参加すれば聴くことができるのだろうか。YouTubeを探すとクリスマスのミサの模様が動画で見られた。


翌朝、鶴岡を発つので難しいが、いつかこの天主堂に響くオルガンの音色を聴いてみたいと思った。

【2014年 夏の庄内旅行の記録】
旅のこだわりグッズをまずご紹介(2014/8/23)
旅立ちは大雨、長岡でトランジット(2014/8/24)
鈍行で日本海沿いに長岡から酒田へ(2014/8/24)
奥の細道、芭蕉が通った吹浦から三崎へ(2014/8/25)
松尾芭蕉が憧れた象潟、蚶満寺へ(2014/8/25)
奈曽の白滝から鳥海山鉾立へドライブ(2014/8/25)
土門拳記念館で「こどもたち」に会う(2014/8/25)
酒田の山居倉庫、日和山公園を夕方散歩(2014/8/25)
日本海の孤島、飛島の磯を歩いた(2014/8/26)
伝統的な多層民家が残る田麦俣に宿泊(2014/8/27)
湯殿山神社から月山山頂への雨中登山(2014/8/27)
月山山頂から八合目へトレッキング(2014/8/28)
午歳御縁年の羽黒山・出羽神社へ(2014/8/28)
羽黒の宿坊街に泊まり、夜の五重塔へ(2014/8/28)
鶴岡の即身仏を巡礼-本明寺と大日坊(2014/8/29)
注連寺、森敦の小説『月山』の舞台に参拝(2014/8/29)
鶴岡の即身仏を巡礼-南岳寺(2014/8/29)
藩校「致道館」と藤沢周平記念館へ(2014/8/29)
武家門をくぐり「鶴岡カトリック教会」へ(2014/8/29)
「水の食卓 百けん濠」で最後の晩餐(2014/8/29)
鶴岡から各駅停車で1日がかりで川越へ(2014/8/30)