羊蹄丸「青函ワールド」@お台場

読む前にクリック! → にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ

羊蹄丸「青函ワールド」お台場の船の科学館に、青函連絡船「羊蹄丸」が展示されています。この中に、昭和30年代の青森駅と周辺を体験できるスペースがあり、これが泣けるスポットなのです。展示はとてもリアル。

喫茶店で酔っぱらって寝込んでしまった旅行者。新米整備士を叱りつける汽車の機関士。東京に職探しに出かける家族、窓に顔をベタってくっつけて、おじいさんとおばあさんにさよならを言う小学校の子供……。

人形一体いったいに、人生のバックボーンを染み込ませているのです。

青函連絡船、最後の青森出航シーンの映像上映もあるのですが、これがまたいいのです。ナレーションは一切なし、乗客の蛍の光の歌声だけで、機関士や駅員の姿をえんえんと映した後、最後は、石川さゆりの「津軽海峡冬景色」をBGMに、吹雪の海峡をゆく連絡船で終わります。

展示場を出るときは万感の思いで胸いっぱいになります。騙されたと思って、ぜひ、出かけてみてください。

船の科学館

スポンサーリンク

コメント

  1. inmylife6996 より:

    写真を見る限りだと、中途半端な感じが怖い感じがしますが、機会があれば見てみたいです。では・・・

  2. Asanao より:

    >inmylife6996さん
    はじめまして。これは、私の写真がよくないですね(笑)。確かに、見直すと怖い写真です。