ゼッケン67 – 東京オリンピック1964

読む前にクリック! → にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ

光村図書「小学 新国語」教科書先日、小学校の運動会に参加しました。開会式の校長先生の言葉が、忘れていた記憶を呼び覚まし、思わず目頭が熱くなりました。こんなお話です。

「皆さん、今日は運動会です。私が、皆さんのように小学生だったころ、東京オリンピックがありました。私が今でも覚えているのは、陸上10000メートル決勝です。10000メートルという長いレースの後、次々と選手がゴールに入ってきます。アメリカの選手が優勝して、日本の円谷選手も6位に入賞、やがて最後のランナーがゴールに入ってきました。セイロン、今のスリランカのカルナナンダという選手でした。

ゴールをすぎても、カルナナンダ選手は走るのをやめませんでした。彼は周回遅れだったのです。1周を走り終わり、観衆の誰もがレースが終了したと思いました。でも彼はまだ走ることをやめませんでした。2周めに入り、みんなじっとグラウンドを一人で走る彼を注目しました。やがて3周めが終わり、彼がゴールをしたとき、優勝した選手以上の拍手が、競技場を包みました。勝ち負けよりもすばらしいことがあることを教えてくれた、カルナナンダ選手に、日本中の人々が感動したのです。

皆さん、今日は力いっぱいがんばってください。」

小学校の国語の授業で習った『ゼッケン67』の話でした。『ゼッケン67』は、椋鳩十の『片耳の大鹿』とともに、私が一番好きだった読み物です。光村図書のホームページに情報が掲載されていました。抜粋させていただきます。

1964年、東京オリンピックの陸上1万メートルレース。トップを争う選手たちが、次々とゴールしていく。レースは終わった。しかし、「ゼッケン67」を付けたランナーは、まだ、走るのをやめない。「周回遅れか」「がんばれよ」……やじを含んだ声が、観客席からあがる。それでもランナーは走り続ける。だれもいないトラックを、1周、2周、さらに3周……。彼のゴールは、まだ終わっていなかったのだ。勝利のためでも記録のためでもなく、自分自身のゴールに向けて走るこのセイロンのランナーに、やがて観衆は大きな声援を送り始めるのだった。

光村ライブラリー全18巻セット『ゼッケン67』は、昭和46年度から昭和51年度の小学校4年生の教科書に掲載。著者は、当時の編集委員らしいす。

ちなみに、光村図書の国語教科書に掲載された読み物は、光村ライブラリー全18巻セットで読むことができます。昭和46年度版から平成12年度版までの教科書の中から、支持を多かった作品収録してあります。一冊ずつでも購入できます。『ゼッケン67』は収録されていません。残念。

ラナトゥンゲ・カルナナンダ(Wikipedia)

コメント

  1. かつ より:

    ゼッケン67の書き出しも印象的で暗記したものです。30年以上前ですが、記憶が正しければ、こんなかんじだったかと・・・

    「ゼッケン67」
    世紀の祭典、東京オリンピック大会はいよいよ五日目を迎えた。この日五輪旗のはためく国立競技場では、7万人の観衆を集めて陸上競技が行われた。呼び物の一万メートル決勝は、オリンピック史を飾る激戦となり満場を沸かせた。それだけではなく、この競技ではビリになった一人の選手が勝者に劣らぬ拍手を浴びた。これは、「勝つことだけではない。参加することだ。」というオリンピックの理想を示してくれたある選手の記録である。

  2. H.M.Wijewardana より:

    インフォメーションをありがとうございます。
    Thanks for the information.