「漢字の視認性」を中国の古い村で再認識

読む前にクリック! → にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ

ANAの特集取材で上海の郊外にある朱家角という古い村を訪問。下の写真は、古い看板やのれんに書かれたお店を表す文字です。

Wevユーザビリティーの重要な要素に「視認性」がありますが、遠目で見たとき、一文字で大きくドーンと表すことができる漢字の優位性を改めて感じました。

中国・朱家角

清の時代の郵便局ののれん


中国・朱家角

古いお漬物屋さん


中国・朱家角

ひと目で茶館と分かる

中国・上海 知られざる水郷「朱家角」の旅。(Woman.excite)