チューリップの球根にカビ! 保管に失敗

読む前にクリック! → にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ

カビの生えたチューリップの球根
何やら今年は梅雨が長い。6月上旬から1か月あまり、雨の降る日が続いている。

6月中旬に収穫したチューリップの球根は十分に日光に当てて乾燥させて、洗面器に入れておいた。

今日も好天。球根を干したり、草むしりしたり(2014/6/15)

そろそろ網に入れて保管しようと球根を取り出したら、なんと底の方の球根に白カビ、青カビがいっぱい付着していた。あちゃ。一昨年、ヒマワリの種の保存に失敗したのと同じ過ちを犯してしまった。

カビを剥がして保存しようかと思ったが、ずいぶんとカビが成長しているので諦めて捨てることにした。

次回は貯蔵方法を根本的に考え直そう。しかし、チューリップは成育よりも貯蔵の方が難しい気がする。

球根植物の貯蔵方法(ヤサシイエンゲイ)