感想/ベルンハルト・シュリンク『朗読者』

読む前にクリック! → にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ

ベルンハルト シュリンク『朗読者』朗読者(新潮文庫)
著者/ベルンハルト・シュリンク  翻訳/松永美穂
発行/新潮社

「ブリキの太鼓」と並ぶ、現代ドイツ文学の代表作。前半は、15歳の少年「僕」と30代女性「ハンナ」の激しい情事。後半は、第二次大戦後、明らかになるナチスのホロコーストをめぐる苦悩。

重いテーマを、少年の回想により淡々と描いている。少年期、大人の女性に恋したことのある男性には、切なさが実感できるかな。

戦争犯罪を審問する裁判官に対する、「あなただったら何をしますか?」と言うハンナの問いかけが、心に残った。